ダイエットにはメリハリをつけて継続的に!

出産をしてから、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、ダイエットと合わせて生まれて初めて筋肉を鍛えました。
100%おっぱいで育児をしていたので、大してダイエットをすることができなかったのですが、筋トレはかなり夢中になってしました。
そういったこともあり、半年ぐらいである程度元の体型に戻す願いがかないました。

最近、ぽっちゃりになったので、スマートになろうと調べていたら、いい対策を見つけました。
それは、酸素を多く体にいれる運動です。
知っての通り、有酸素運動の効果はてき面で、食べ物を我慢するよりずっと体重が減ります。

私も数週間前からウォーキングでダイエットに挑戦していますが、目に見えて痩せてきているので嬉しいです。
有酸素運動は思ったより効果があるんだなと認識しました。
ダイエットする事を決めたその時が、一番やる気に満ち満ちている状況でしょう。

ダイエットを達成させる為には、その痩せるぞという感情をとにかく、長く保持させることが、大切です。
最初にマジで頑張りすぎると人は挫折しやすくなってしまいますので、優しく始めましょう。
ダイエットの成功には有酸素運動が無くてはなりません。

エアロビクスプログラムにより体内の必要ない脂肪が燃えさかるので、体を絞る事ができます。
よくキツイ筋肉トレーニングを試している人もいますが、こういったのは辛くて長続きしない場合も少なくないでしょう。
実際、もっとスリムになろうと思っても毎回ジョギングしたり歩行したりするのははっきり言って面倒な気持ちが芽生えてきますよね。

そこでわたしが、一押ししたいのが室内での呼吸をしながらの軽い運動です。
ラジオ体操も効果的な有酸素運動なので、軽い感じの服装で少し過激に体を動かし体操をすると、確実にカロリーも消費されます。
一般的に言って、基礎代謝の平均値は20代以降からだんだんと落ちていってしまうものです。

これは成長期の終了によって代謝量が一定値に安定しだしたことと、運動量が減ってしまったことのために筋肉量も、それまでの数値よりだんだんと低下しているからです。
30代を過ぎ中年に差し掛かると太りやすくなってしまうのはこのような理由が実はあったのです。
ダイエットをやるのに食事を摂取しないのはダメです。

実際、長続きしませんし、まず間違いなく体調を壊します。
飯を食べながら、食事の1食をカロリーの小さいものに置き換えると良いです。
スポーツを併用する人は、筋肉をつけ基礎代謝を上げるために多たんぱく質で低カロリーが、推奨します。

痩せるにはまずはあまり無理をしないことです。
食事を抜くダイエットは確実に痩せるのですが、実はデメリットもあるのです。
私は生理が来なくなってしまいました。

排卵がストップして、婦人科で薬を処方してもらって治しました。
ですので、最初から無理をしすぎると続かないし危険なのでは?というのが持論です。
普段歩くときにお尻に力を入れて大股で歩くだけでも意外と、違うのです。

若い頃は基礎代謝がすごくしっかりしているので、少し食べ過ぎて体重が増えたとしてもしばらくしたら元に戻るという事がよくあるものです。
でも、歳をとるにつれて基礎代謝力が減少し、エネルギー消費量も落ちてしまうので、何の行動もしなければ太ってしまいます。
痩せるためにはある一定の期間が必要ではないと思います。

急激に痩せるということは身体によくないので、計画的、段階的に体型を変化させる方法を選びそれを繰り返して、徐々に体重を減らしていくのが基本です。
ダイエットが成功したといってすぐやめてしまうと、すぐに元に戻ってしまいがちですので、最低3ケ月は行いましょう。

ルキナ津田沼店【ホットヨガ初回体験】今なら1,000円!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です